パソコン日常

Windows10のWifiが途切れるトラブル解決

昨年(2019年)あたりから当社のWindows10 PC 3台のWifiが途切れる状況が続いていました。

最初はルータ(NEC Aterm BL900HW )の故障を疑い、プロバイダに交換をお願いしましたが結果は変わらず。
プロバイダさんごめんなさい。
Wifi子機アンテナを別のメーカーのものに交換しても同じ。

Facebookなどを閲覧してるくらいなら接続し直す手間くらいでそれほどダメージはないのですが、大きなファイルをアップロードしている時やビデオ会議をしているときなどには大変困ります。

ところがMACやiPhoneなどはまったく問題なく繋がっています。

ルータの設定は設置後一切変更していなかったので、Windows10のアップデートの結果でなにかしらの変更があってこのような状況となったはず。
ならば問題はWindows10にあるものと考えていました。

同じようなWifiが途切れる場合の解決策をググったところ以下のような対策が見つかりました。

・Wifi子機アンテナのドライバーの更新
・電源オプションを高パフォーマンスに変更
・「NetBIOS over TCP/IPを有効にする」
・ネットワーク アダプター ドライバーを更新する
・「ネットワークドライバー」の無線LANのデバイス「WMM」の設定を「Disable」する
・「ネットワークドライバー」の無線LANのデバイス「電力消費の最小化」を「Disable」する
・Microsoft Wi-Fi Direct Virtual adapterの無効化
・VMware Virtual Ethernet Adapter for VMnetの無効化

そのすべてをやっても結果は変わらず。

手詰まりとなり改めてルータの設定画面を眺めていて、なんとなく永年の勘で「あれ?もしかして!」と目についたのが「暗号化キー更新間隔(分)」という項目(下図の赤い下線部分)。
デフォルトでは30分だったその項目を更新なしの 0 にしたところWifiの途切れはまったく無くなりました!


Aterm BL900HW 設定画面 (この画面ではSSIDと暗号化キーは ********** に書き換えてあります)

 

最新のアップデートをしていても当社の3台のWindows10はルータからの暗号化キーの定期的なリクエストに自動的に答えられなくなっているようです。

問題はWindows10にあって、とりあえずの解決方法はルータにあったという珍しい事例のような気もいたします。

同じような状況で困っている方もいらっしゃるかと思います。
もしまだ試してないようでしたら一度、ルータの設定画面から「暗号化キー更新間隔(分)」の変更をしてみてください。

やたら途切れるWifiの苦痛から早く開放されますように。

 

 


コメントを残す